「土佐のまほろば風景街道」〜坂本龍馬 ゆかりのエリアについて

坂本龍馬 ゆかりのエリア

 

 

 

坂本龍馬 先祖(初代太郎五郎)の墓

坂本龍馬 先祖(初代太郎五郎)の墓


明和4年11月に坂本八郎兵衛直益、長男兼助直躬、次男八次直清が建てたと刻まれています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂本神社にある先祖の墓

坂本神社にある先祖の墓


坂本神社には、二代彦三郎と三代太郎左衛門の墓があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

才谷への入口にある石碑

才谷への入口にある石碑


坂本龍馬先生先塋(せんえい・「先祖の墓」という意味)の地と記されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂本龍馬の像

坂本龍馬の像


龍馬の先祖の屋敷があった場所は、現在は公園として整備され、龍馬の像が設置されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

才谷龍馬公園

才谷龍馬公園


坂本龍馬の本家である「才谷屋」の先祖の地に整備された公園です。自然堂と名付けられた建物には、坂本龍馬の家系図が掲示され、公園の奥には坂本神社や坂本家二代目彦三郎、三代目太郎左衛門のお墓もあります。

地元住民が公園一面に植えた紅梅と白梅は、龍馬が使っていた「才谷埋梅太郎」の変名にちなんでいます。

 

 

 

 

 

 

坂本神社

坂本神社


才谷龍馬公園の奥には、坂本神社が残されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGE TOP |  8つのエリアTOPページへ  |